引越しプチ情報

契約したけどキャンセルしたい

引越しの契約を結んだものの、種々の理由でキャンセルしなければならなくなった場合、引越し予定日の前々日までならキャンセル料は発生しません。

これは、≪標準引越運送約款≫で定められており、

  • 前日のキャンセル‥引越料金の10%以内
  • 当日のキャンセル‥引越料金の20%以内
  • となっています。

    ですから、引越し予定日の前々日までは、キャンセル料は一切かかりません。

    ただし、引越し業者のダンボールやガムテープなどの梱包資材や、エアコンなどの付帯工事作業が進行していた場合などに関しては、その実費料金を支払わなければなりませんので、ご注意ください。

    引越し時に発生した破損について

    ベテランの作業員であっても、家屋や家具に傷をつけてしまったり、壊してしまったりすることはあります。

    人間はミスをする動物なので仕方ありません。もちろん、依頼者からすれば腹立たしいことですが、そこで作業員を責めても問題は解決しません。

    なので、出来るだけ冷静に応対し、まずは引越し作業の完遂に力を注いでもらいましょう。

    作業が終了したら、改めて作業責任者や担当の営業マンと話をし、どのように対処してもらえるかの詰めの話をしましょう。

    引越し時の家屋や家財道具の破損や紛失などに対する業者の対応は、修理可能な物は修理対応で、修理不可能な物に関しては、時価額相応の代替品、または金銭によって補償することがほとんどです。

    悪質な業者は、破損対応を一切せずにほったらかしにし、依頼者が諦めるまで待っているところもあるようです。

    そういった場合は、消費者センターなどの第三者機関に相談するようにしましょう。
    絶対に、泣き寝入りしないようにしてください!

    ご祝儀や差し入れについて

    よく聞かれるのですが、これは特に必用ありません。

    会社によっては、受け取りを拒否するように教育しているところもあるくらいですし、酷い場合では、作業責任者が独り占めして他の作業員にいきわたらないというようなこともあるようです。

    ただ、やはり作業員の立場になれば、いただければ嬉しいですし、励みになるのは間違いないです^^;